全身脱毛経験者が教える脱毛あとのケア

- 全身脱毛したあとはしっかりアフターケアをしないと大変なことになる?!

全身脱毛したあとはしっかりアフターケアをしないと大変なことになる?!

脱毛した後のアフターケアをするのとしないのでは肌トラブルが発生してしまう確率に大きな変化を及ぼすことがあります。
全身脱毛をした後の肌は、かなりのダメージを受けた状態になっています。
だいたいの脱毛サロンでは、アフターケアとして、クールダウンやローションを塗布したりして保湿をしてくれます。
がしかし、肌はそれだけでは元の状態には戻らず、その場では収まっていても肌にまだ熱を持ったままであることもあるのです。
サロンでのアフターケアだけではどうしても、皮膚の奥まで完全に冷却することはなかなか難しいのでそのままにすると、皮膚は火照ってきて、乾燥してきます。
熱を持ったままでなにもしないまま出かけて日差しを浴びたりすると、シミやそばかすが通常よりも出来やすくなります。
それは、施術後の肌は、メラニン色素が破壊された状態であるため、紫外線のダメージを受けやすくなっているためです。
施術後は日差しを避ける、もしくは肌に負担のかからない日焼け止めを塗ることが大切です。また、何よりも保湿が重要です。乾燥している皮膚に十分な潤いを与えてあげましょう。
せっかくつるつるの肌を手に入れても、シミやそばかすがあっては綺麗な肌とは言えないので、アフターケアはしっかり行いましょう。
また、強い刺激も施術後は避けるべきです。制汗剤や施術日の入浴は控えてください。敏感肌の人は特に肌がデリケートになっている状態なのでしっかりとした保湿をおこなうことが必要になってきます。

全身脱毛のアフターケアの重要性

脱毛した後にするケアの重要性はあまり知られていないようですが、その効果はとても大きいものなのです。
脱毛サロンで施術してもらった肌の状態は多かれ少なかれダメージを受けています。
どんなにマシーンが良くても自然の摂理に背いたことをしている訳なので、肌には負担がかかってしまいます。
ほとんどのサロンでは施術後や施術前にダメージを最小限に抑えるために保湿やクールダウンをしてくれます。
しかし、それだけではダメージは回復されません。これは自分自身が何ともなくても肌はダメージを受けたままの状態になっていると言うことです。
そのため、サロンを出てからの自分で行うアフターケアが重要な意味を持ってくるのです。
施術した肌は完全にクールダウンできていません。熱は肌に残ったままなので、放っておくと、肌は乾燥してしまいます。
脱毛をすると水分量はいつもよりおよそ1/5にまで減少してしまうのです。
ローションやジェル、クリームなどを使って、こまめな水分補給をし、乾燥させないようにしましょう。
保湿された状態の肌は施術するときに乾燥した肌よりも感じる痛みが半減されるので次回の施術のためにも保湿しておいて損はありません。
また、日差しを浴びてしまうことも避けるべきです。日差しを浴び、紫外線を受けた肌は通常の肌よりも色素沈着を起こしやすくなっているためです。
脱毛でつるつるの肌が手に入っても、シミやソバカスがたくさんある肌になってしまうのを防ぐためにも、肌に負担をかけない日焼け止めを頻繁に塗り直したり、日焼け防止グッズを効果的に用いて紫外線から肌を守りましょう。

新着情報

◆2016/09/26
全身脱毛したあとはしっかりアフターケアをしないと大変なことになる?!の情報を更新しました。
◆2015/07/22
脱毛後のアフターケアはとても大切!の情報を更新しました。
◆2015/07/22
全身脱毛のアフターケアは実は大切なんです。の情報を更新しました。
◆2015/07/22
クールダウンで脱毛後のアフターケアの情報を更新しました。
◆2015/07/22
サイトマップの情報を更新しました。